アダルトアフィリエイトロングテールの方法!!

アダルトアフィリエイトとテレビのマーケティング

ロックのラジオ局が壊滅した結果として「トップ月梠縺vは終焉を迎えつつある。でも音楽そのものの人気は落ちていない。むしろ逆だ。アーチストやファンにとってこれほどいい時代はない。ただ、新しい音楽を発見する究極の手段がインターネットになってしまった。人気がなくなったのは音楽ではなく、旧来のマーケティング、販売、流通のモデルである。ラジオというヒット製造機の陰で巨大に膨れあがったレコードレーベルと小売の流通システムは、プラ劇的に削減するもくろみだ。結果として、内容が均一化してつまらなくなった。・FCC(連邦通信委員会)による狼藝発言取締りIFCCは電波で不適切なことが発言されたといってはいつも譽察を動かしてきたが、過去五年間ほど活発にその仕事をおこなった時期はあまりない。最大のターゲットはハワード・スターンだ。彼は挑発的な

 

発言を好む率直なラジオ・パーソナリティーだが、結果的に空前の額の罰金を科せられ、地上波放送には出演できなくなった。しかし二○○五年末に衛星ラジオ局のシリウス・サテライト・ラジオーほとんど監視を受けない放送局Iに移り、二○○六年一月、受信契約している聴衆相手に再デビューした。発言や行動によっては、金だけではなく仕事まで奪われる可能性がある、と放送関係者たちがますます恐れるようになったのも当然だ。その結果はやはり、さらなる均一化だろう。

 

iPOdの白いイヤホンをしている人たちは、コマーシャルのない独自のラジオ放送を聴いているようなものだ。右へ倣えで同じヒット曲に誰もが群がるこれまでの文化は変わり、自分のスタイルを見つけて放送の主流を超え、無名の作品にも古い作品にも深く入りこんでいく。ニューズ・コーポレーション会長のルパート・マードックは、二○○五年の講演でこう述べた。自分ははじめて現在のプロとアマの間にある溝の大きさを把握したメディアの重鎮になった、と。つまり「重要なのはこれだ、と上からものを言うような存在でいては、若者は集まってきません。彼らはメディアに操作されるのではなく、メディアを操作したいのですから」。音楽産業で起きている変化は、他のマスメディアとエンタテインメント業界でも実際に起こっている。二○○五年の数値を見てみよう。
・ハリウッドの興行収入が七パーセント減少した.観客数が下がりはじめたのは二○○一年で、その後加速度を増しているようだ。

 

テレビ番組を話題にした井戸端会議は力を失っていく。二○○五年、視聴率一位の番組『CSI》科学捜査班一を観ていたのは、テレビ所有総世帯の一五パーセントにすぎない。こんな数字では、七○年代なら一○位にも入らないだろう。事実、統計をとりはじめてからこれまでの視聴率ランキング上位番組は、一つの例外を除きすべてが七○年代後半から八○年代前半のものだ(例外は一九九四年のリレハンメル冬期オリンピック大会で比較的最近だが、それでも一○年以上前だ)。何百もあるケーブルテレビ局は、全体の総視聴者数でテレビ放送網を凌駕

 

してしまった。突出して成績のいいテレビ局はもう存在しない。常に定番だった番組ですらもう定番ではなくなった。二○○五年のワールドシリーズは、前年比三○パーセント減で史上最低の視聴率だった。NBAの決勝戦の視聴率も、前年の約四分の一下がり、史上最低に近かった。二○○六年のグラミー賞は一○パーセント減。二○○六年トリノ冬期オリンピック大会は前回のソルトレークシティー大会より三七パーセント減少して・売店による雑誌の販売部数が、三○年以上前に統計をとりはじめて以来もっとも低い水準になった。、視聴者がケーブルテレビに分散していくにつれ、NBCのようなテレビ放送網の視聴率は下がりつづけ、視聴者数シェアは四分の三から下落してもう半分にも満たない。

 

大ヒット時代のピークは過ぎたかもしれないが、メディアに対する人々の見方にはまだその影響が残っているし、旧来のメディアとエンタテインメント産業はヒット作の発見と創出をし、そこに金を注ぎこむことをやめない。
またティーボなどのDVR(デジタル・ビデオ・レコーダー)の登場が、時間という要素を消すことで井戸端会議をさらに減らしている。いまではたとえ二人が同じ番組を観たとしても、

 

同時に観たとはかぎらない。まだ観ていないのに、放送と同時に観た人に翌朝内容を話されたらつまらないので、誰も職場でその話題に触れたがらない。過去二○年で最低となった。そしてアカデミー賞は一九八七年以来の低さだった。

 

言サンジェルスタイムズ』で論説を書いているパトリック、ゴールドスタインが言うように、「この国はニッチの国になった。大ヒット映画や人気番組やベストセラーのCDはまだ存在するが、共通するポップカルチャーの時代精神をつかんでいるものは減った。それはどこか別のところにある。国民は特定の人々に向けたケーブルテレビの番組を観たり、ブログを読んだり−していつ勺」。ヒット主導型文化を生んだ経済

 

映画であろうとアルバムCDであろうと、エンタテインメント作品は製作にもマーケティングにも流通にも金がかかる。たとえばハリウッド映画の製作費は現在平均六○○○万ドルで、さらにマーケティングに少なくとも同じぐらいかかる。でもどの映画が観客の心を打つか予測するのは難しいので、比較的間違いのない俳優や監督が選ばれ高い報酬を約束されることになる。彼らはほとんど予測のつかないビジネスにやや確実性を与えてくれるからだ。でもときにスターでさえはずれることがあるので、映画会社やレーベルはポートフォリオ・アプローチでリスクを分散する。

 

メディアはベンチャー・キャピタリストのように、多くの企画に資金をばらまいてヒット作に化けるチャンスを与える。でも結果的にはせいぜいのところ、ほとんどの企画は収支が引き合う程度で、いくつかは完全な失敗に終わるだろうと見こんでいる。つまり、ほんのわずかのヒット作で失敗作の赤字をとり返さねばならないということだ。

 

そんなわけで、こうしたビジネスは何が何でもヒット作を必要とするのである。それもただ黒字というだけではだめで、他を圧倒するようなメガヒットでなければならない。いつぽう製作費が高いからといって成功する保証はないため、現場の者たちはプレッシャーを強いられる。

 

ただうまくいったというだけでは済まされない。大当たりしなければ失敗だ。たとえ批評家にほめられても、多くの人々が関心を持ったとしても意味がない。